ルパンの娘の深田恭子の泥棒の衣装がセクシーすぎるw

2019年7月期の木曜劇場(毎週木曜22時~)にて『ルパンの娘』の放送がはじまります!

ヒロインは大人になっても綺麗でかわいい深田恭子さん!

なんでも深田恭子さんはドラマ『ルパンの娘』でセクシーな衣装を着るみたいですよ(‘ω’)

今回は主演の深田恭子さんをメインに紹介します。

ルパンの娘動画1話が無料で見れる!【FODで見逃し配信】
ルパンの娘のロケ地一覧(1話~最新話)!桜庭和馬と三雲華の家はどこ?

ルパンの娘に出演する深田恭子さんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

気がついたら6月、今日から梅雨入りしたみたいですね🥺☔️ 私は7月スタートのフジテレビ木曜ドラマ「ルパンの娘」にクランクインしています🎩毎日、刺激的なシーンの連続でわくわくしながら撮影させていただいています🌈泥棒一家に生まれてしまったことに葛藤しながらも夜になると泥棒スーツ?を着て街に繰り出すのです🐾泥棒一家に生まれたら確かに葛藤していまいますね….🤔💦私の苦手なアクションもあるみたいですどうしよう😣💦 #ルパンの娘 #令和元年7月期 #皆様の葛藤ってありますか #私は美味しいものが好き #我慢できないっっっ #kyokofukada

深田恭子さん(@kyokofukada_official)がシェアした投稿 –

深田恭子さんは1982年11月2日生まれの現在36歳の女優さんです。

若い時から芸能界で活躍されているので、幼くてかわいいイメージも持つ方も多いと思いますが、現在は大人の女性としての魅了も同時に持ち合わせ、男性からも支持の高い人気の女優さんです。

経歴はというと、

1996年、深田さんは中学2年生の時に、第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRLオーディション」でグランプリを受賞しデビューしました。

1998年夏には、金城武主演ドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ)で一躍脚光を浴び、その後ドラマや映画に立て続けに出演を果たします。

深田さんの一大ヒット映画となったのは2004年の『下妻物語』。

この映画で深田さんはロリータ少女・桃子役を演じ、第59回毎日映画コンクール主演女優賞を最年少受賞となったほか複数の賞を受賞し、一躍大女優の仲間入りをしました。

愛称は「ふかきょん」。

代表作は

『神様、もう少しだけ』(フジテレビ系列/1998)
『ダメな私に恋してください』(TBS系列/2016)
『初めて恋をした日に読む話』(TBS系列/2019)

などです。

深田さんにはアイドル要素もあり、グラビアなどでも人気ですが、現在では大人なイメージの写真集、そしてサーフィンを愛するスポーティーなイメージもあり、ますます魅力的な女性として磨きをかけています。

ルパンの娘の深田恭子の泥棒の衣装がセクシーすぎる

ドラマ放送を前に、ヒロインの衣裳が発表されました!

その衣裳はなんと赤いベルベット素材のセクシースーツ!!

深田さんが演じるのは「L(ルパン)の一族」と呼ばれる有名な泥棒一家の娘・三雲華(みくも・はな)です。

華は普段、図書館司書として働いていますが、いざという時は鮮やかな手口で高級品を盗む設定で、このセクシースーツは彼女の「泥棒スーツ」となります。

華麗な動きと手さばきで盗みやすいよう、動きやすい仕様になっています。

深田さんのスタイルの良い体にもとてもフィットしていますね。

実は撮影当日、深田さんはこの衣裳を見て不安に思ったそうですが、問題なく着こなし、さらにはカッコいい役に成りきったポーズを見せていました。

さすが数々の役をこなしてきた深田さん!

深田さんといえば、最近では2009年の映画『ヤッターマン』で演じたお色気満点の悪役ドロンジョ様の印象もありますよね。

ルパンの娘1話のネタバレ感想!華(泥棒)と和馬(警察)の禁断の恋の始まり

この時の衣裳はとても強いインパクトがありました。

胸元が大きく開いていて、スーツは黒、そしてハイカットのハイレグです。

ドロンジョ様のリアルな再現度とこのスーツによって深田さんは一躍世間で話題の人物になりました。

今回の『ルパンの娘』の衣裳は…実は…

なんと、ドロンジョ様の衣裳をデザインしたデザイナーの柘植伊佐夫さんが担当しているんです。

柘植伊佐夫さんは、舞台、映画、歌舞伎、音楽など多岐に渡りデザイン、スタイリングをされている方で、ドラマでは、大河ドラマ『龍馬伝』(NHK/2010年)、『平清盛』(NHK/2012年)、『精霊の守り人』シリーズ(NHK/2016年~2018年)などの人物デザイン監修もされています。

今回すごいのは、その柘植さんが、初めて民放ドラマの衣装デザインを一からすべて制作することになったということです。

これは『ルパンの娘』が初めての作品になります。

柘植さんは「泥棒スーツ」の制作にあたって、一番こだわった部分はスーツの素材だと語っています。

スーツ制作にあたって、柘植さんは特撮戦隊ものとは異なるスーツを作ろうと新たなイメージを探しました。

誰もが想像しやすいエナメル素材や皮の素材などを中心にせず、あえてノスタルジック感を醸し出し、光の反射で色合いが多少変化するベルベット素材が良いことを見つけ、それを使うことに決めました。

そして衣装のカラーは、深田さんの演じる華のイメージを元に決めていきました。

このように今回の衣裳制作にはこだわりや思いが詰まっています。

これからは柘植伊佐夫さんといえばフカキョン♡のように、名コンビになっていく可能性も大いにありますね!

『ルパンの娘』ではきっとこのスーツで世間の話題を泥棒のようにきれいにさらってくれると思います!

ルパンの娘の基本情報【キャストや原作など】

『ルパンの娘』の原作は2015年8月に発表され、文庫売上1位を獲得し、ロングセラーとなっている横関大さんの同名小説です。

代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディーになります。

あらすじは、泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘で、盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働く主人公の三雲華(みくも・はな)が、代々警察一家の息子で泥棒逮捕を仕事とする桜庭和馬(さくらば・かずま)を愛し、事件から救うために葛藤しながら、稼業の仕事を遂行していくというお話です。

華の恋人・桜庭和馬役には瀬戸康史さん。華の父親役には渡部篤郎さん。

他、小沢真珠さんや麿赤兒さん、藤岡弘さんなど、豪華な顔ぶれとなっています。

エンタメ性もあり面白い加藤諒さんや栗原類さん、そして映画『カメラを止めるな!』での印象が抜群のどんぐりさんも出演されています。

このキャスト陣を見ると演技派でもあり、楽しく面白い雰囲気の方も多いので、きっとコメディ要素があってクールなドラマになることだろうと期待できます。

今からとても楽しみですね!

以上、『ルパンの娘』に出演する深田恭子さんの衣装に関する記事でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です